読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

一からものを作ることが好きなエンジニアの開発ブログです。

Androidの開発速度を上げるためのadb環境改善

Android開発は1年以上ブランクがある感じなので色々と思い出しつつ、最新の環境に整えていっています。とりあえずこれまではEclipseだったのを、Android StudioとシミュレーターはGenymotionの環境にリプレイス。あとはadb周りなどのツール系の使い方をすっかり忘れ去ってしまったので再調査中です。

下準備

sdkのplatform-toolsとtoolsにパスを通しておく

export ANDROID_SDK_ROOT=/Users/ntaku/tools/android/sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools

接続されているデバイスの確認

adb device

$ adb devices
List of devices attached 
192.168.56.101:5555	device
192.168.56.102:5555	device
HT0CFPL02015	device

特定のデバイスに接続する場合、複数接続されているとエラーになるので、引数で端末を指定する必要がある。

$ adb shell
error: more than one device and emulator

$ adb -s 192.168.56.101:5555 shell
root@android:/ #

ただ、いちいちコピペで指定するのは面倒なので、pecoと、adb-pecoをインストールして解決する。

(peco)
$ brew tap peco/peco
$ brew install peco

(adb-peco)
$ cd ~/tools/android
$ git clone git@github.com:tomorrowkey/adb-peco.git adb-peco
$ export PATH=$PATH:/Users/ntaku/tools/android/adb-peco/bin

これで、$ adbp shell とするとするだけで端末を選択できるようになって楽ちんに。

端末のログチェック

adb logcat

こちらも上記と同じく端末を選択する必要があるけれど、adbp使えばシェル上で選択できるので便利。

$ adb logcat
- waiting for device -
error: more than one device and emulator

$ adb -s 192.168.56.101:5555 logcat
or
$ adbp logcat

ログを見やすくする

PID Catというライブラリをインストール。使い方はカラフルなAndroid Logcat “pidcat"を参照。単に pidcat と実行するだけでOKだけど、こちらもadb-pecoで対応されていて pidcatp で複数端末選択可能。

$ brew install pidcat
$ pidcatp

adbの再起動

色々操作しているとAndroid Managerの方からadbに接続できなくなったり、pidcatで何もでてこなくなったりしてしまうケースがあったので、そういう場合はこのコマンドでadbを再起動。

$ adb kill-server
$ adb start-server

アプリのアンインストール

こちらは開発中のアプリ削除して再インストールしてテストしたいとかよくあるので、このコマンドはすごく良さそう。端末操作して設定からアプリ探して..ってかなり面倒なので。

$ adbp shell pm list package | sed -e s/package:// | peco | xargs adbp uninstall

エイリアス設定

最後にエイリアスにまとめて終了!

alias adb-uninstallapp='adbp shell pm list package | sed -e s/package:// | peco | xargs adbp uninstall'
alias adb-restart='adb kill-server; adb start-server'
alias adb-pidcat='pidcatp --color-gc'