読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

一からものを作ることが好きなエンジニアの開発ブログです。

最高にかわいいムービーが作れるiPhoneアプリ「Sweet Movies」をリリースしました

2014/7/8(ちょうど一週間前)にSweet Moviesというアプリをリリースしました。こちらは去年から開発を始めたFilm Storyをベースに、女性向けに特化して開発した新しい動画作成アプリです。

Sweet Moviesは、思い出の写真に音楽をのせて、オシャレでかわいいムービーが作れるiPhoneアプリです。言葉では伝えにくい想いも字幕にすればきっと大丈夫。写真にアニメーションを付けて、仕上げにかわいいフレーム & カバーでムービーをデコレーション♪ そこには単純なスライドショーでは表現できない感動があります。

友達の結婚式や、子供の成長記録、家族や恋人との旅行、誕生日のメッセージなど、大切なイベントの思い出をSweet Moviesでムービーにしてシェアしよう!(カメラロールへの保存はもちろん、Facebook、YouTube、Dropbox、iMovieなどへも作成したムービーを投稿することができます)

ということで、去年の秋頃からたくさんリリースされるようになってきた動画アプリの中でもよくある系だとは思いますが、ここまでかわいいに特化した本格派アプリはまだないだろう、ということで作ってみました。女性向けアプリ展開は、iフォトアルバムガールズアルバムに続いて2本目になります。

こんなムービーが作れます


女性向けのデザインは

今回もFilm Storyの時と同様、ペーパープロトタイプを作って開発を進めて来たのですが、ガールズアルバムの時もものすごい苦労したのが女性向けのデザインです。いつもデザインは最終的には自分で判断(女性向けのものは奥さん判断)しているのですが、今回のアプリは下手するとFilm Storyほぼそのまんまになりかねないので大変難しいと感じたため、女性向けアプリのPico Sweetなどで大ヒットを出されているアンジーさんにお願いすることにさせて頂きました。すごいですよね、Pico Sweet。最近無料カメラカテゴリでも常に上位にいらっしゃいます。

ということでデザインして頂けたのがこちら。デザイナーの方は男性なのですが、奥様のご意見を取り入れつつ、ここまでいいものに仕上げて頂けました。

Store上での評価も上々です。


開発面での苦労

今回の技術ベースはFilm Storyということで、そこまで難しいところはありませんでしたが、アプリの容量がどうしても100MBを超えてしまうため、音楽ファイルを外部サーバーからDLする形で実装しました。

当初S3の東京リージョンに全部ファイルを置いて、アプリ起動時に一括DLという形にしていたのですが、コストを計算してみると結構大変なことになりそうだったので、音楽DL用のサーバーを立ててそこから一曲ずつ落とす形に変更しました。こんな感じ。

多少不安もあったのですが、音楽が落とせないから☆1!とかいうレビューが怖かったので、自社サーバー > S3のUSリージョン > S3の東京リージョン、とパフォーマンスが悪い場合に自動的に取得先を切り替えるように保険をかけたりしてみました。95%は自社サーバーでさばけているようなので、今のところ上手く運用できているようです。

あとは、このDLした音楽を当初Documentsディレクトリ配下に保存するようにしていたのですが、ここはiCloudでバックアップされるから別のディレクトリにしろ、ということで一度リジェクトされましたね。

リリース後の数字とか (ランキング)

リリース直後からPico Sweetに広告をださせて頂いていたのですが、実際にランキングに入ってきたのが2日後くらいからでした。その後も様子をみていたのですが、出稿量に対しては思うようにDLが伸びず、写真無料カテゴリと、写真トップセールスで30位辺りが上限でした。ダウンロード数は一週間で大体12,000くらい。

リリース直後はランキングが伸びやすいとか聞いたことがあったので、直後からやってみたのですが、リリース一週間くらい経ってレビューが多少集まってからの方がよかったかもなということと、アプリの容量が90MB超えているので、半分くらいに削っていたらもう少し伸びた可能性があったかなと思います。幸いながら、弊社としては十分ヒットの部類に入るので、今後同じ失敗をしなければOKではあります。

リリース後の数字とか (SNSのシェア)

今後の改善のために色々数字は取っているのですが、面白いのは完成した動画のシェア方法でしょうか。主要な方法をひと通り揃えているつもりですが、このような感じで圧倒的にカメラロールとLINEが多いようです。

Film StoryではLINEが入っていないのですが、こんな感じ。レビューで要望が多かったと思って入れてみてYouTubeも5%ほどなので、カメラロールとLINE以外は対応しないとかでもよさそうですね。