読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

一からものを作ることが好きなエンジニアの開発ブログです。

iPhoneアプリに特化したプロモーション講座に参加してきました

勉強会 iOS

第2回iPhoneアプリに特化したプロモーション講座に参加。2時間で6本のプレゼンがありました。展開が早くてあまりメモをとれていないところも多いのですが、ウェブで見つけた資料と共にまとめました。

iPhoneアプリに特化したプロモーション講座

無料でできるプロモーション15の活動

  • 「デコれるSNS」などの訴求力があるタイトルにしてみる
  • スマホ雑誌を出している出版社にアプローチしてみる(メールするだけならタダ!)
レビューサイトを徹底活用したプロモーション成功事例 〜日本編〜

  • プロモーションの種類は色々あるが、単発でやるとランキングがすぐに落ちる
  • 一番大事なのはダウンロードではなくて「売上」
  • プロモーションは下記をセットで実施するのがよい
    • ランキングを上昇させるプロモーション(リワード)
    • ランキングを維持させるプロモーション(アドネットワーク、レビューサイト、twitter
  • どういうレビューを書いてもらうのが良いか
    • ダウンロードした後の楽しみ方を訴求したものがよい
    • アプリを理解してもらった上でダウンロードしてもらう
    • ある無料英語アプリではAppBankの記事広告でCTRが33%くらい
失敗しない海外プロモーション手法 〜米国編〜

  • マネタイズではiOSAndroidに圧勝
  • 販売台数から見ても収益率はiOSの方が圧倒的
  • 米国の市場もこれからまだ伸びる余地がある(今はまだ55%くらいの成熟度)


プロモーションする上で重要なことは

  1. マネタイズを考えること
  2. 市場特性を知ること
  3. 目標を設定すること
    • 売上、DL、認知度のどれを見ればいいのか?
    • 全て兼ね備えたのが、ランキング対策
    • 北米ではappsfireなどのブースト系サイトがあるが、基本的には日本と同じ手法でやる。


このプレゼンに限らず、スマートフォンの近未来の市場規模を国別に比較: 上位は合衆国、中国、日本、インド (TechCrunch)の資料がよく参照されていました。

広告効果解析ツールで費用対効果を考えるこれからのスマホ広告

2015年の予測

  • スマホアプリ全体で1000億DLを達成する。現在は、
    • iOS : 50万アプリ, 累計180億DL
    • Android : 40万アプリ, 累計100億DL
  • マネタイズ手法ではアプリ内課金の割合が6割を超える


iPhoneアプリのプロモーションの流れ

  1. レビューサイト(記事広告 40万)
  2. アドネットワーク(CPC 15円〜)
  3. ランキングアップ(アフィリエイト, CPI:100〜300円)


どの媒体に出すの?

  • 把握が難しい
  • クロスプロモーションで(予算を割り振っていろんな媒体へ)
    • CAP(1DLあたりの広告費)で効果を検証、一番効果がある媒体で攻める
      • ただし、アプリごとに異なったり、中長期で見ると違う場合もあるので注意しよう
      • ROIを最大化することが大切
  • クロスプロモーションのデメリット
    • 各媒体のレポートページでそれぞれ成果を確認しないといけない
    • 複数SDKが必要なので、アプリへの影響が大きい(プロモーションに遅れがでる)
    • AdStore Trackingというツールを公開しているのでご相談ください

iPhoneアプリでリワード広告する時の注意点とプロモーション成功事例


市場について

  • トップセールスはほとんどがフリーミアムモデル(海外でも同じ)
  • 有料アプリはやはり難しい
  • 全体の80%のユーザーが課金をしないという統計がある


課金回数

  • スマホにして課金回数が増えたというユーザーが4割
  • 初回課金のハードルをいかに下げられるかがポイント


プロモーションのタイミング

  • 日曜 21時が最もダウンロードされる時間帯
  • 金曜日前後にプロモーションをかけて、週末にピークを持ってくるのが理想
  • 大手の出稿と重ならないようにしよう


海外について

iPhoneアプリの米中向けプロモーションと米中スマホ市場分析


中国について

  • 中国は日本よりも母国語アプリの利用頻度が高い
    • iPadは世界でもっとも母国語のアプリが使われている
  • 非公式のマーケット利用がまだ多い状態
    • 2011.11から人民元での課金が可能になったので今後に期待
  • 市場規模は世界2位, 潜在スマホユーザーは世界1位
  • 人気カテゴリはゲーム


アメリカについて

  • 2012年に2000億、2016年には8600億の規模に
  • アプリの利用のピーク時間がテレビの視聴時間とほぼ同じ動き
  • スマホにおいては、ウェブよりもアプリの方が利用される
  • 人気カテゴリはゲーム(半数がゲーム)


プロモーションについて

  • 既に日本よりも中国の方が規模が大きい
    • 無料1位に必要なDLはUS 15万, 中国 6万, 日本 5万
  • 中国のプロモーションにはCPE広告がよい
    • アクティブ率の高いユーザーを獲得する
  • アメリカはランキング向上施策
    • FreeAppADayなどのサイトで短期間でDLを獲得するのがよい

iPhoneアプリのプロモーションを日本、北米で展開!その生情報の紹介と北米の分析

ここはあまりメモれず..


テクノードさんが開発した障子ぽすぽすというアプリが、4日目で無料1位、広告モデルで200万/月の売上。カジュアルゲームでもこれだけ儲かるんですね。




個人的にはまだユーティリティ系の有料アプリしか開発していないので、ゲームゲームでなんだかなあという感じでしたが、中国市場の話など面白かったです。とりあえずアジア圏のローカライズは進めてみよう。