読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

一からものを作ることが好きなエンジニアの開発ブログです。

Eclipseでiアプリ開発 (Star編)

iアプリ 開発環境

Starプロファイルの開発ツールが公開されていたので早速入れてみました。
以下Eclipseでiアプリ開発(DoJa編)のStar版です。


Eclipseを使ってStarプロファイルのiアプリを開発できる環境を整えます。
Java(1.4)はインストール済みという前提です。

準備

EclipseDoCoMoの開発ツールをダウンロードしてきます。


1. DoCoMoの開発ツールに含まれるEclipseプラグインがEclipse3.0/3.1対応なので、Eclipse旧バージョンダウンロードページからEclipse3.1.1とLanguage Pack(3.1.1_Language_Packs)をダウンロード

Star開発ツールをインストールすると、DoJa版の開発ツールが上書きされます。DoJaも平行で開発する場合は、DoJaで利用しているEclipseとは別のEclipseにインストールしましょう。上書きしてしまうと、一旦StarとDoJaを両方削除してから入れなおさないと戻りません。

Eclipseの複製手順
1. Eclipseフォルダを丸ごとコピー
2. eclipse/configuration/.settingsを削除
3. Eclipseを起動し、別のworkspaceを指定


2. iアプリ技術情報ページから、最新プロファイル(現在はStar1.0)の技術資料と開発ツールをダウンロード

  • iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.x 詳細編
  • iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.x iアプリオプション・iアプリ拡張編
  • iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.0 APIリファレンス編
  • iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.0 オプション・拡張APIリファレンス編
  • Star-1.0プロファイル向けiアプリ開発ツール (iαppli Development Kit for Star-1.0)

インストール

1. Eclipse本体のアーカイブを展開、その後Language_Packsを同じフォルダに展開して、Eclipseのファイルを上書きする(これでEclipseのインストールと日本語化完了)


2. DoCoMoの開発ツールを展開してemuforstar1_0_1_03/DISK1/setup.exeを実行。インストール方法でカスタムを選択し、下記機能をインストール

  • プログラムファイル
  • サンプルプログラム
  • Eclipse3.0/3.1プラグイン


3. インストール後にMicrosoft Visual C++ 2005 SP1 再配布可能パッケージのインストールダイアログが表示された場合は、はいを選択してこちらもインストール


4. アプリで絵文字を表示したい場合は、下記の絵文字入力ツールもついでにインストールしておくと便利です

設定

1. Eclipseを起動し、メニューから「ウィンドウ > 設定」を選択。Star-1.0 Environmentの設定項目にある「iappli DevelopmentKit for Star-1.0のインストール先」に開発ツールのインストール先を入力(デフォルトは C:\iDKStar1.0)


最低限必要な設定はこれだけです。

開発

1. 新規プロジェクトで「Star-1.0 プロジェクト」を作成


2. プロジェクト作成ウィザードで、「フルアプリ」「ミニアプリ」「ミニ+フルアプリ」のアプリケーション種別が選択できるようになっていますが、ここではとりあえずフルアプリを選択


3. 続いてビルドパスの設定ダイアログが表示されるので、順序およびエクスポートからSTAR_CLASS_ZIPとSTAR_STARCLASS_ZIPにチェックを入れて終了


4. Helloクラスを作成

import com.docomostar.StarApplication;
import com.docomostar.ui.Canvas;
import com.docomostar.ui.Display;
import com.docomostar.ui.Graphics;

public class Hello extends StarApplication{
  public void started(int launchType) {
    MyCanvas mp = new MyCanvas();
    Display.setCurrent(mp);
  }   
}

class MyCanvas extends Canvas{
  public void paint(Graphics g){
    g.drawString("Hello World!", 20, 20);
  }
}


5. メニューから「実行 > 構成および実行」画面を開き、Star-1.0アプリケーションを選択して新規をクリック、プロジェクト欄にHelloと入力して実行。エミュレータが起動し、Hello World!と表示されればOK
(注)ビルドの際にDoJaBuildExceptionが出ることがありますが、Javaのパスが通っていないのが原因です。


6. 実機で確認したい場合は、Hello/bin/にあるファイル(Download.html, Hello.jam, Hello.jar)をアップロードし、Download.htmlにアクセスすればダウンロードできます