読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングノート

一からものを作ることが好きなエンジニアの開発ブログです。

EclipseでSアプリ開発

Sアプリ 開発環境

Sアプリもやってみたかったので、開発環境をセットアップ。基本的にSoftBank提供のヘルプそのままですが、途中色々はまりかけたのでメモ。

準備

SoftBank技術情報サイトから必要ファイルをダウンロード。JSCLとMEXAがあって違いが良く分からなかったので、新しいっぽいMEXAの方を選択。

ついでにドキュメントも。こちらもいっぱいあるので適当にとってみる。

  • 基礎編 1.0.2
  • MIDP 2.0対応端末編
  • Tips編 1.0.0
  • APIリファレンス JavaDoc版(MEXA-1.2)

JavaEclipseEclipseでiアプリ開発と同じバージョンで大丈夫(Eclipse3.1.1のJ2SE SDK1.4.2以上)。

インストール

1. MEXA SDKをインストール (全てデフォルトのまま)
2. Eclipseプラグインをインストール (Eclipseのインストールフォルダを選択するだけ)

開発

プラグインをインストールすると、メニュー > ヘルプ > ヘルプ目次に「MEXAエミュレータEclipseプラグインヘルプ」が追加されるので、基本的にこのヘルプを参照。

プロジェクト作成

  1. 新規プロジェクト > MEXAプロジェクト
  2. プロジェクト名:SoftBank
  3. 実行パスを指定する にチェック (*1)
  4. MEXA Emulatorのプロジェクトを指定する にチェック (*2)
  5. テンプレートを利用する にチェック

(*1)C:\Program Files\SOFTBANK_MEXA_EMULATOR12
(*2)C:\SOFTBANK_MEXA_EMULATOR12\projects\sample\sample.vjp

ライブラリ追加

stubclasses.zipのパスが古いバージョンのものになっているので修正。これでビルドされてクラスファイルが作られる。これに気付かなくてちょっとはまった。。

  1. プロジェクト右クリック > プロパティ > Javaのビルドパス
  2. ライブラリタブ > 編集 から (*3)を選択して更新
  3. 順序およびエクスポートタブ > stubclasses.zip にチェックしてOK

(*3)C:\Program Files\SOFTBANK_MEXA_EMULATOR12\lib\stubclasses.zip

ソース修正

SampleMIDlet.java

protected void startApp() throws MIDletStateChangeException {
  Form f = new Form("Hello World");
  f.append("Hello!");
  Display.getDisplay(this).setCurrent(f);
}

JAD修正

iアプリのADFみたいなもん。
SoftBank.jad の項目を編集。

  • MIDlet-Name : SoftBank
  • MIDlet-Vendor : SoftBank
  • MIDlet-Version : 1.0
  • 起動MIDletの選択 : sample.SampleMIDletにチェック
  • 起動MIDletの選択 : アプリケーション名に何か入力

これだけ入力すればJADファイルの×が消える。

実行

SoftBank.jadを右クリック > 実行 > MEXA Emulator あるいは、構成および実行から。
セキュリティダイアログが出てきたらそのままOKをクリック。

Hello!と表示されれば実行環境完成!!


EclipseプラグインSOFTBANK_MEXA_EMULATOR11を前提としてセットアップされているようなので、少し分かりにくかったです。